2017rindoc

記事内全文検索はこちら

高学歴ほど学歴で差別する

2018/03/21 20:57 に Saki Nakamura が投稿   [ 2018/03/28 1:15 に更新しました ]

Kuppens, T., Spears, R., Manstead, A. S., Spruyt, B., & Easterbrook, M. J. (2017 in press). Educationism and the irony of meritocracy: Negative attitudes of higher educated people towards the less educated. Journal of Experimental Social Psychology.

これまでに社会心理学では、民族・ジェンダー・国家などさまざまな社会的集団の研究が行われてきました。意外なことに、教育は人々の生活や社会的態度を予測することが言われているにも関わらず、学歴をベースにした社会的集団についてはあまり研究がなされていません。そこで本研究では、なぜ、そしてどのようにして、学歴をベースにした集団バイアスが生じるのかについて検討しました。その結果、教育水準が高い人ほど、寛容で、道徳的な教養があるという一般的な見方と裏腹に、教育水準が高い人ほど、学歴ベースの集団間バイアスを見せることが示されました。

具体的には、以下のような実験をしました。
  • 研究1では大学生を参加対象として、高学歴や低学歴に対する感情温度を測定しました。その結果、高学歴に対する感情温度と比較して、低学歴に対する感情温度が低いことが示されました。つまり、学歴ベースの集団間バイアスの存在が確認されました。研究2では、さまざまな教育水準の人を対象に、研究1と同様に、高学歴・低学歴に対する感情温度を測定しました。その結果、教育水準が高い人ほど、学歴ベースの集団バイアスが大きくなることが示されました。

  • 研究3や4では、学歴の情報を含む人物プロフィールを用いて評価をしました。その結果、教育水準が高く、なおかつ、プロフィールの人物との同一視の程度が強い人において、学歴ベースの集団バイアスが確認されました。しかし、教育水準が低い人では、同一視の程度に関係なく、学歴ベースの集団間バイアスが示されませんでした。これは、教育水準が高い人ほど寛容であるという、moral enlightenment 仮説とは一致せず、自分と同じカテゴリの人への同一視が高まるほど葛藤が大きくなり、その結果、内外集団によるバイアスが強くなるという、conflict-based approachと一致する結果でした。

  • 研究5-7では、高学歴・低学歴に対する好ましさのみならず、そうした集団に対する属性評価や感情も測定しました。その結果、教育水準が高い人は、学歴は努力によって得たものだと考える人が多く(研究5)、低学歴に対して好ましくない評価をする背景に、(貧困者や労働者階級の人に対するネガティブな評価と比較して)、努力を怠ったその人自身の責任だという考えが媒介することがわかりました。

学歴ベースの集団バイアスに注目するという本研究の本筋からは離れますが、程度興味深いことに、民族ベースのバイアスに関しては、教育水準が高い人では見られず、低い人において見られました(研究3、4)。著者らはこれに対して、教育水準が高い人ほど偏見に対して寛容ではある(あるいは、教育水準が低い人ほど偏見が大きい)という古典的な考えは、部分的なものである可能性が高いと、述べていました。

アルコール飲料と大学のコラボ商品は,大学好きの脳派を揺さぶる

2018/03/15 6:02 に Megumi Tabuchi が投稿

Bartholow, B.D., Loersch, C., Ito, T. A., Levsen, M. P., Volpert-Esmond, H. I., Fleming, K. A., Bolls, P., & Carter, B. K. (2018) University-AffiliatedAlcohol Marketing Enhances the Incentive Salience of Alcohol Cues.Psychological Science, 29(1), 83–94.

 本研究では,ビールのブランドと大学が提携することが,未成年の飲酒に対する注目度に影響を与えるかどうかを調べた。2つの実験の結果,自分の大学に対してアイデンティティが高まっている人,あるいはその状態で,最もビール&自分の大学のロゴ刺激に反応しており,大学ロゴとアルコール飲料が結びつくことの影響が示された。

【研究1128名の大学生を対象に,飲み物(ビールか水か)の写真とその背景に大学のロゴ(自分の大学か他の大学か)が入った刺激を見せてボタンを押す課題をさせて,その間の脳派(P3)を計測。その後,自分の大学に対するアイデンティティを質問紙で測定。その結果,自分の大学によりアイデンティティを強く持っている人ほど,自分の大学のロゴとビールが組み合わさった刺激により反応していることが分かった(Fig.3)

【研究2研究1の課題をする前に,バスケットボールの試合(自分の大学の試合か,他大学か)+合間に飲み物(ビールか水か)の広告を挟む映像を見せた。その結果,自分の大学の試合かつビールの広告を見ていた場合が,最もビール&自分の大学のロゴを見たときの反応が大きかった。一ヵ月後のアルコール飲料摂取行動にも影響していた。


“理想的な社会(ユートピア)”を思い描くと社会に対する動機づけが高まる?

2018/03/14 8:10 に Risako Shirai が投稿

Fernando, J. W., Burden, N., Ferguson, A., O’Brien, L. V., Judge, M., & Kashima, Y. (2018). Functions of Utopia: How Utopian Thinking Motivates Societal Engagement. Personality and Social Psychology Bulletin, 0146167217748604. https://doi.org/10.1177/0146167217748604


背景と目的 1516年,Thomas More は想像の世界である理想郷(ユートピア)を物語の中で描いた。理想的な社会をイメージすることは,芸術や文学,政治,社会運動など,様々な活動の背景に根づいているが,社会心理学の分野でいまだユートピアに焦点を当てた研究は存在しない。本研究は,このユートピアに関する想像が私たちの日常生活にどのような影響を与えるのかを調査した。少なくとも,ユートピアの社会に対する機能として以下3つが挙げられる。

変化(change):社会の変化を求める動機づけを高める

批判的感情(criticism現状とユートピアとの比較により現状をネガティブに評価する

補償(compensation現実逃避をする


研究1 ユートピアの機能が私たちの心的機能・社会変化のための活動・現在の満足度といった変数にどのような影響を与えるのかを検討した。研究1ではユーピアに対してポジティブな思考をもつほど現状の社会のシステムが正当でないと感じ,また,現実逃避の傾向が高いこともわかった。

研究 2 研究1ではユーピアに関する考えが社会変化や批判的な感情,補償といった個人の行動傾向や思考と関連していることが示された。研究2では実験的な操作によって,ユーピアに関する考えが社会に与える影響を調べた。実験では,参加者に自分が望むユートピアについて記述するよう求めた(例:“an ideal or best possible society which is hoped or wished for” )。実験の結果,ユートピアについての想像をしない場合よりも,ユートピアについて想像した場合の方が市民としての権利をより強く感じるようになるが,社会に対する満足度や社会のシステムの正当性は低く感じるようになることがわかった。

研究 3 研究3ではユートピアに関する思考が心的機能に与える影響に思考の順序の重要性を加えて検討した。実験の参加者は5つの条件に分けられ (Table 4参照),実験は被験者間計画で行われた。条件は以下の5条件であった。

理想条件(Utopian imagination 条件):理想的な社会についてのみ記述する

理想-現状条件(Mental contrasting 条件):はじめに理想的な社会について記述し,その後現在の社会について記述する

現状理想条件(Reverse contrasting 条件):はじめに現在の社会について記述し,その後理想的な社会について記述する

現状条件(Current society 条件):現在の社会についてのみ記述する

日常条件(Current life 条件):自分の毎日の生活についてのみ記述する

 結果は以下の通りであった(Table 5参照)。

·         理想条件+理想現状条件の市民権の主張の強さは,現状条件+日常条件の参加者よりも強く,社会に対する満足度やシステムの正当性に関する考えは前者のペアの得点の方が低くなった。

·         さらに,理想条件+理想現状条件の市民権の主張の強さは,現状理想条件の参加者よりも強く,社会に対する満足度やシステムの正当性に関する考えは前者のペアの得点の方が低くなった。

·         また,理想条件と理想現状条件間の市民権の主張の強さ・社会に対する満足度・システムの正当性に関する考えには違いがなかった。

これらの結果は,私たちが理想郷を思い浮かべる際,社会の理想像を思い浮かべてから現状を思い浮かべるという思考の順序が特にユートピアの機能を引き出す可能性を示している。 


まとめ 研究1~3において,理想的な社会(ユートピア)との関わりが社会の変革に対する動機づけを引き出すことを示した。今後,ユートピアに関する思考がどのようにして集団全体の目標に作用しているのかに焦点を当てた研究をおこなう必要がある。

【レビュー】態度のモラル化に直観や危害の認識は重要でない

2018/03/01 20:32 に Saki Nakamura が投稿   [ 2018/03/18 7:12 に更新しました ]

Skitka, L. J., Wisneski, D. C., & Brandt, M. J. (2017). Attitude moralization: Probably not intuitive or rooted in perceptions of harm. Current Directions in Psychological Science, 27, 9-13.

人によってある物事に対する道徳的信念の程度は異なり,それが変化することもある。しかし,どのようにしてある物事に対して道徳的に「良い」あるいは「悪い」という信念が形成されるか(これを「態度のモラル化」という)についてはあまり研究がなされていない。これに関連する議論として,Hadit (2001) の社会的直観モデルに代表される「直観」を重視する立場と,agent-patient theories of morality (e.g., Horberg, Oveis, & Keltner, 2011) を代表とする,直観だけでは不十分で「意識的な気づき」が必要で,特に,ターゲットとなる事象の「危害の認識」が重要だという立場がある。本論文では,前者のように態度のモラル化には「直観」が重要なのか,後者のように「意識的な危害の認識」が重要なのかを検証した,実験とフィールド調査の結果に基づいて議論を行う。実験とフィールド調査の結果はいずれも,態度のモラル化は,(1)直感的な処理によって生じるものではなく、(2)意識的な認識が関連するものの,危害の認識が特別重要であることはない,ことを示している。2つの研究だけで結論付けるのは尚早であるものの,本論文は直観と危害の認知を強調する現在の道徳理論の限界を指摘し,モラル化のプロセスを理解するためにより多くの研究が必要であることを主張する。

【レビュー】動きから人を認識する

2018/02/26 1:52 に 西村友佳 が投稿

Yoval, G, & O’Toole, A. J. (2016). Recognizing People in MotionTrends in Cognitive Sciences, 20,383-395.

顔や体の自然な動き、そして声はその人が一体誰なのかを判断する手がかりとなる。
これまで、人の認識についての研究では主に顔画像が使われてきた。顔の情報(パーツの形や配置など)から、どのように個人の識別をしているかについて検討されてきたわけである。しかし、顔の認識はコントロールされていない多様な環境で動いている人を効率的に認識するための大きなシステムのうちの一つにすぎない。この論文では、現実場面で生じている人の認識(動いている人を見て誰だかわかる)を理解するための包括的な枠組みについて、動いている人の認識やバイオロジカルモーションに関する研究、そして顔と声のマッチングについての研究をレビューして提案している(左図)。例えば、人が遠くから近づいてくる動画を見て、動画の人物が誰であるかを回答する実験が実施された(左図A)。回答するときは動画がある時点で停止されるが、どれくらい離れたところで停止されるかに条件が設定された。その結果、人物が遠くにいる場合、顔の情報と身体の情報が利用される程度に差が見られなかったが、人物が近くにいる場合には顔の情報がより利用されていることがわかった。

この論文での主張は、動的な情報(動き)は顔、体、声からの複数モダリティー情報を束ねる中心的な役割を果たすということである。そして、その役割は上側頭溝が担っていると考えられている。上側頭溝はこれまで顔認識の文脈では注目されていなかったが、動いている人物の認識には上側頭溝が関与していることがわかったということが新しくわかってきた。

5歳でもグループ評価アップのために「いいこと」をする!

2018/02/23 6:43 に Megumi Tabuchi が投稿

Engelmann, J. M., Herrmann, E. & Tomasello, M. 2018 Concern for Group Reputation Increases Prosociality in Young Children. Psychological Science, 29(2) 181–190.

周囲からいい評価を得ようとすることが,向社会的行動のモチベーションになる。それは結構早い発達段階,例えば5歳児ぐらいを対象とした研究でも明らかになっている。では,個人ではなく集団ではどうだろう?たとえ個人の貢献度が相手に分からなくても,集団としていい評価を得るために,向社会的行動は増加するのだろうか?本論文では2つの研究を用いて,5歳児のグループ評価と個人の向社会的行動の関係を調べた。

対象者:96名の子ども(5歳児)が,Figure1のような4つの条件に割り当てられた(Figure1a:個人がどのぐらい貢献したかも,グループとしてどのぐらい貢献したかも相手から見える。Figure1b:グループでの貢献は見えるけど,個人がどのぐらい貢献したかは見えない。Figure1c:個人がどのぐらい貢献したかは分かるけど,グループとしてどのぐらい貢献したのかは分からない。Figu1d:誰にも個人の貢献も集団の貢献も分からない)。


手続き:まず,4人の対象者を部屋に入れ,実験者がくじ引きをして3名が黄色チーム,1人が赤チームになるようにする。そして「黄色チームからおもちゃで遊べるよ」と伝え,赤チームの子は部屋を出る。その後,黄色チームの対象者を条件ごとにブースのところに立たせて,一人玩具を10個ずつ渡し,「そのおもちゃ,遊んで持って帰ってもいいし,他の幼稚園の子が遊ぶためにあげてもいいんだよ。あげてもいいなら,ボックスの中に入れてね」と伝える。部屋には2.5メートルぐらい離れたところに椅子が2つあって,「今からあの椅子に2人ずつお友だちが入ってくるんだよ。みんなの行動を見てるよ」と伝える。そして,実際に2名に観察されながら,おもちゃを入れるよう指示する。

結果:個人とグループの貢献度どちらも見えない条件よりも、個人だけ見える条件,グループだけ見える条件,どっちも見える条件の方が,より多くおもちゃをボックスに入れている。研究2で「チーム作り」をせずに実施する条件を作ってみると,「どちらも見えない条件」と同じぐらい「いいこと」をしようとしない。つまり,個人の貢献度は人に見えなくても,「グループとして」いい評価を得ようとすることが,子どもたちの向社会的行動のモチベーションとなった


 

「最近の若者は勝手だ!」は嘘だった。

2018/02/21 1:35 に Megumi Tabuchi が投稿

Wetzel, E, Brown, A., Hill, P. L, Chung, J. M., Robins, R. W., & Roberts, B. W. (2017) The NarcissismEpidemic Is Dead; Long Live the Narcissism Epidemic. Psychological Science, 28(12) 1833 –1847.

「最近の若者」というものは,昔よりも自己中心的で勝手なのだろうか?この「自己中心性の流行」とも言われるべき現象について,果たして本当かどうか調べるために,3つのコホート(1990年代,2000年代,2010年代)のデータを使って,自己中心性の全体的な側面や部分的な側面が世代によって増加しているのか否かを調べた。同時に本研究では,「自己中心性パーソナリティー尺度」(NPI)が世代を越えて使用できるか否かも調べたかった。3つのコホートでこの尺度が全く同じ構造というわけではなかったため,まずは尺度の構造の検討を行い,その後世代間で「若者の自己中心性」を比較した。その結果,1990年代から2010年代にかけて,少しずつ若者の自己中心性が低下していることが示された。部分的な側面では,リーダーシップ,虚栄心,権力の全ての面が低下していた。この結果は,「最近の若者は勝手だ」という流行言葉に疑問を投げかけるものとなった。


写真で笑っている人の方が長生き,は本当か?:Abel & Kruger(2010)の追試

2018/02/21 1:27 に Megumi Tabuchi が投稿

Dufner, M., Brümmer, M., Chung, J. M., Drewke, P. M., Blaison,C, & Schmukle, S. C. (2018) Does Smile Intensityin Photographs Really Predict Longevity? A Replication and Extension of Abel and Kruger (2010). Psychological Science, 29(1) 147 –153.

Abel and Kruger (2010)は,1952年に活躍していたプロの野球選手の笑顔表出(写真から判定)が,選手の寿命を予測する(笑顔の方が寿命が長い!)ことを報告した。本研究ではこの結果の再現を試み,さらに追加分析を行った。aAbel and Kruger’sの研究と同じデータベースと基準を用いた,ほぼ同じサンプル(N = 224),(b)同じコホートで他のプレーヤーからなる,ほぼ重複しない大サンプル(N= 527)、および(c)データベース内のすべての選手(N = 13,530)の3種類のサンプルで検証。 Abel&Krugerと同様,写真の笑顔は数名のコーダーによる評価を用い,さらにそれに加えてコンピュータプログラムによるポジティブ感情の自動コーディングの評価を行った。その結果,全てのサンプルおよび全ての評価指標において,出生年を共変量として制御すると,笑顔と死亡率の関係は無関係,つまり,「写真で笑っている人の方が長生き」は再現されなかった。


それ,ほんとに信じてるの?:「根も葉もないうわさ」系信念に対する人々の態度

2018/02/20 14:57 に Asako Miura が投稿

Berinsky, A. (2018). Telling the Truth about Believing the Lies?: Evidence for the Limited Prevalence of Expressive Survey Responding. The Journal of Politics, 80(1), 211-224. doi:10.1086/694258

人々が世論調査員に「その噂は本当だと思う」と言うとき,かれらは本当にそれを事実だと信じているのだろうか?「本当だと思う」と言うことを,自分たちの政党支持のシグナルとしてそうしているのではないか?という(素朴な)疑問に基づく研究.あれやこれやの手段で「ほんとはそう思ってないやろ?」と本音を言わせようとした結果,「どうやら本音らしい」ということが分かったというのが結論.

アメリカの典型的な「うわさ」かつ政党支持によって対照的な結果となる2つのうわさを取り上げて検討した.
民主党支持:9.11が起きることを当時の共和党政権は事前に知っていた(中東侵攻の理由付けにするためにわざと無策であった)
共和党支持:オバマはムスリム
  • Inducing exclusion: 「これに関する人々や政治の言説をあなたがどう思っていようとも,真実と思うところを答えよ」と強調する
  • Subtle pipeline experiment: 「嘘をつくとコストがかかるよ?」とやんわり教示する.例えば投票に関する調査で「投票したって言うけど実際はしてない人,ちょくちょくいるんですよ」と言う.ここでは「ほんとはそんなこと信じてないのにうわさの対象について悪口を言いたいがために信じてるって言う人いるよねえ.でもここであなたはそういうことしないでね?と教示する
  • Incentivizing answers: 「ほんとのことを言うとベネフィットがある」が効く.たとえば10分かかる投票に関する調査に応諾した人々に「この調査は投票した人にあれこれ聞くものなんで」と説明し,投票していなければ2分で終わるし,投票していようがいまいが報酬は同じ,と言う.「投票していない」人が「投票する」と答えるとたくさん質問に答える羽目になる
  • List experiment: おなじみ(でも三浦はまだやったことがない)リスト実験と直接質問を組み合わせて両者を比較
結論:Each method employed in this paper uses a different logic, a different design, and a different sample to separate expressive responses from true beliefs. On their own, each of the studies presented in the paper is not perfect, but taken together, this diverse evidence points to one common conclusion: the incidence of expressive responding on the belief in government involvement in 9/11 is relatively rare and that on the question of Obama’s religion is rarer still.

写りが違っても同じ人だとわかる理由:主成分分析を用いた検討

2018/02/20 0:40 に 西村友佳 が投稿

Burton, A. M., Kramer, R. S. S., Ritchie, K. L., Jenkins, R. (2016). Identity From Variation: Representations of Faces Derived From Multiple Instances. Cognitive Science, 40, 202-223.

これまでの顔認識研究では、AさんとBさんの写真を見て区別できるかといったような話に焦点が当てられていたが、近年では写りの異なるAさんの写真を2枚並べて同じAさんだと判断できるかといったような話が注目されてきている。そして、Aさんのことをよく知っている場合は、どんな状況で撮られた写真を見てもAさんだと判断できるが、Aさんのことをよく知らない場合は難しいことがわかっている。

このBurtonらの研究では、写真によって人物の見え方が変わる背景にはどんな要素があるのか、その変動は個人内で特有のものなのかについて主成分分析を用いて検討する方法を提案している。そして、ハリウッド俳優の写真を使って実際に試して見た結果、一人一人の変動は体系的(顔の向きとか、明るさとか、お化粧とか)だが、その変動パターンはその個人特有で、他の人物には一般化できないことがわかった。


1-10 of 115