アイデンティティと専門的なネットワーク

2017/05/10 0:55 に 浦勇希 が投稿
Medha, R., Nathanael, J., Fast, Oliver, F. (2017) Identity and Professional Networking. Personality and Social Psychology Bulletin, 1-13.

 専門的なネットワークがあることによる、多くの利点が存在するものの、人々がどのようにしてネットワークを構成するように動機づけられるのかは個人によって異なっている。この散らばりを説明するために、この研究はなされている。
 筆者たちはこの研究にあたって、4つの仮説を立て、それぞれの仮説を検証するために4つの調査を行っている。
 研究1では、プロフェッショナルネットワーキングをアイデンティティの一致とみなしている人(=プロフェッショナルネットワーキングを行っていくことが自分のアイデンティティと一致するとみなしている人)と、そのプロフェッショナルネットワーキングの強化と拡大を優先させる傾向との間に正の相関を見出した。
 研究2では、ネットワーキングにおける自分への見返りを操作することがネットワーキングへの意欲に影響を及ぼすが、それはネットワーキングとアイデンティティの一致が高い者にのみ作用することを明らかにした。
 研究3では、ネットワーキングの意欲を高めるためにアイデンティティの一致を実験的に操作することによって因果関係を確立した。
 研究4では、ネットワーキングへの意欲向上の因子となるのがアイデンティティなのか、それとも自己への利益なのかを調査し、その結果アイデンティティであることを示した。

Comments