「最近の若者は勝手だ!」は嘘だった。

2018/02/21 1:35 に Megumi Tabuchi が投稿

Wetzel, E, Brown, A., Hill, P. L, Chung, J. M., Robins, R. W., & Roberts, B. W. (2017) The NarcissismEpidemic Is Dead; Long Live the Narcissism Epidemic. Psychological Science, 28(12) 1833 –1847.

「最近の若者」というものは,昔よりも自己中心的で勝手なのだろうか?この「自己中心性の流行」とも言われるべき現象について,果たして本当かどうか調べるために,3つのコホート(1990年代,2000年代,2010年代)のデータを使って,自己中心性の全体的な側面や部分的な側面が世代によって増加しているのか否かを調べた。同時に本研究では,「自己中心性パーソナリティー尺度」(NPI)が世代を越えて使用できるか否かも調べたかった。3つのコホートでこの尺度が全く同じ構造というわけではなかったため,まずは尺度の構造の検討を行い,その後世代間で「若者の自己中心性」を比較した。その結果,1990年代から2010年代にかけて,少しずつ若者の自己中心性が低下していることが示された。部分的な側面では,リーダーシップ,虚栄心,権力の全ての面が低下していた。この結果は,「最近の若者は勝手だ」という流行言葉に疑問を投げかけるものとなった。


Comments