2/15

2016/02/23 23:38 に Saki Nakamura が投稿
【中村】
Rast, D. E. III, Hogg, M. A., & Tomory, J. J. (2015).
Self and Identity, 14 (2), 135-146. DOI: 10.1080/15298868.2014.964755. 
ヘッドライン:認知欲求が高い時には,自己不確実性による典型的なリーダー選好の効果が弱まる。

【田渕さん】
Silva, K., Chein, J., & Steinberg, L. (2016). 
Psychological Science, in press DOI: 10.1177/0956797615620379
ヘッドライン:集団にちょっと年上が入るだけで若者の危険行動は抑制される。

【三浦先生】
Rogers, T., & Feller, A. (in press).
Psychological Science. DOI: 10.1177/0956797615623770
ヘッドライン: とても有能な仲間がいると心が折れるのは仕方のないことなんだ

☆コメント☆
【中村】 個人の認知欲求と自己不確実性の程度を測定し,記述にあるリーダー(典型的or非典型的)をどれだけ支持するかを尋ねるだけの簡単な調査。「リーダーの選好」というお話であれば,両方のリーダーの記述を見せた上で選択させた場合でも同様の結果が得られるのか気になりました。

【田渕さん】 タスクに関与せず,ただただ見ているだけなのに,大学生集団に院生が1人混じるだけで危険行動が抑制されるという結果に。これがなぜ生じるのかまでは明らかになってはいないですが,年上ではなく年下だったら危険行動が促進されるのか…など,いろいろと気になるところがあります。Stoplight gameをリスク行動の指標として用いたのも面白かったです。

【三浦先生】 Figure 2のz = 2のところが見事な落ち込み具合です。MOOC(Massive open online course(日本で言うとGACCOのようなもの))という,実際のオンラインの授業の受講者間の相互評価のデータと,実験のデータ両方で,きれいにこの結果が再現されていました。
Comments