2/22

2016/02/24 0:14 に Saki Nakamura が投稿
【中村】
Travers, E., Rolison, J. J., Feeney, A. (2016).
Cognition, 150, 109–118. doi:10.1016/j.cognition.2016.01.015
ヘッドライン:認知的熟慮性テスト(CRT)において,正解した人でも,最初は直感的な選択肢に引きつけられる。

【村山さん】
Ng, A. H., Steele, J. R., & Sasaki, J. Y.  (2016)  
Journal of Experimental Social Psychology, 64, 21–26.
ヘッドライン:ヨーロッパ系カナダ人では社会的カテゴリーに基づく顔認識バイアスが生じるが、アジア系カナダ人では見られない。

【三浦先生】
Ramsey, S. R., Thompson, K. L., McKenzie, M., & Rosenbaum, A. (2016).
Computers in Human Behavior, 58, 354-360.
ヘッドライン: 質問項目に目を通したかどうかに大学生とMTurkerの違いはないが,教示をちゃんと読んでそれに従うかどうかは随分違う.

☆コメント☆
【中村】 デフォルト干渉型の二過程モデル(System 2がSystem 1に干渉する)なのか,並行競合型の二過程モデル(System 1とSystem 2の両方が同時に作用する)なのか,そのプロセスについてマウストラッキング法を用いて明らかにするというのが,とても面白かったです。

【村山さん】 異なる人種の人の方が区別しにくいというのは,経験的にもよくあり,非常に納得のいく結果でした。ただ,アジア系とはいえ両者ともにカナダ人なので,アジアの国に住んでいる人と違って,アジア系カナダ人は互いの人種の顔をよく目にするので,顔認識バイアスに何らかの違いがありそうだなと思いました。

【三浦先生】 普段の実験をしていると,よほど見落とすようなことをしなければ,実験室に来る人は非常に教示に従って行動しているように思えるが,この研究ではMTurkerの方が大学生(実験室で実施)よりも教示をよく読んでいるとのこと。MTurkerは実験参加のプロですね。
Comments