4/27

2015/05/10 18:29 に Aya Murayama が投稿
【中村さん】
Masicampo, E. J. & Baumeister, R. F. (2008).Toward a Physiology of Dual-Process Reasoning and Judgment. Lemonade, Willpower, and Expensive Rule-Based Analysis. Psychological Science, 19, 255–260.
ヘッドライン:システム2の意思決定には甘いレモネードが必要。

【村山】
Van Tilburg, W. a. P., Sedikides, C., & Wildschut, T. (2015). The mnemonic muse: Nostalgia fosters creativity through openness to experience.  Journal of Experimental Social Psychology, 59, 1–7.
ヘッドライン:ノスタルジアは創造性を促進させる。

【三浦先生】
Ji, Q., & Raney, A. A. (2015). Morally Judging Entertainment: A Case Study of Live Tweeting During Downton Abbey. Media Psychology, 18(2), 221-242.
ヘッドライン:事象に対する自発的かつ大量なリアルタイム道徳判断データとしてツイートログは使えますよ.



☆コメント☆

【中村さん】
意思決定と血中のグルコース量との関係を見ている面白い論文だった。また、選ぶのが困難な2択に直面した時に,第三の「おとり」の選択肢があることによって,選ばれやすさが変わるという魅力効果が従属変数の測定に利用されていて、この点も面白いと思った。集団の意思決定場面でも、お菓子を出すことで対人コミュニケーションを円滑にするだけではなく、意思決定の質を高める効果ももしかしたらあるかもしれない。

【村山】
ノスタルジア、ってなんとなく夕日とか太陽とか、部屋の中というよりは外での出来事や音(セミの鳴き声)といった、外界とのつながりが脳内に現れる気がするのだけどALWAYS3丁目の夕日に影響されすぎなだけかもしれない。そのような外界とのつながりが、自己拡張的な意味で開放性とか創造性に影響するのかな?とか思った。

【三浦先生】
道徳基盤に関わる要素が多く含まれた人気テレビドラマのツイートを対象とした分析というのはとても面白い手法だし結果も出ていてなるほどなと思った。ツイートデータのクリーニングはやはり必要とのことで、この辺りの時間や人件費については頭に入れておかねばならないだろう。日本でこれをするとしたら何のドラマだろう…渡る世間は鬼ばかり?水戸黄門?うーん…。


Comments