7月14日

2014/07/14 1:50 に 末吉南美 が投稿   [ 2014/07/14 1:51 に更新しました ]

【中村さん】
Packer, D. J. (2009).
AvoidingGroupthink. Whereas Weakly Identified Members Remain Silent, StronglyIdentified Members Dissent About Collective Problems.
Psychological Science, 20, 546-548.
ヘッドライン:集団にとって不利益だという強い思いが反対意見を言わす。

【寺島さん】
Rosette, A. S., & Livingston, R. W. (2012).
Failure is not an option for Black women: Effects of organizationalperformance on leaders with single versus dual-subordinate identities.
Journal of Experimental Social Psychology, 48, 1162-1167.
ヘッドライン:黒人の女性は、失敗に際して他の集団よりも厳しい評価を受けてしまう。

【末吉】
Tinuke O, D., Stanton, C. M., Epstein, L. H. (2014).
The Future Is Now: Reducing Impulsivity and Energy Intake UsingEpisodic Future Thinking.
Psychological Science, 24(11), 2339–2342.
ヘッドライン:未来をエピソード的に考えると食べ過ぎを我慢できる.遅延価値割引課題で検討.

【村山さん】
Sparks, A., & Barclay, P. (2013). 
Eye images increase generosity, but not forlong: the limited effect of a false cue.
Evolution and Human Behavior, 34, 317-322..
ヘッドライン:「目の効果」は短時間の接触では顕著だが、長時間接触するとその効果はなくなる。

【三浦先生】
Wilson, T. D., Reinhard, D. A., Westgate, E. C., Gilbert, D. T., Ellerbeck, N., Hahn, C., ... & Shaked, A. (2014).
Just think: The challenges of the disengaged mind.
Science, 345(6192), 75-77.
ヘッドライン:「何もしないで考える」ことほど苦痛なことはない?
オンラインニュース記事:WIRED 「男は退屈より電気ショックを選ぶ:研究結果」

☆担当者コメント☆
【中村さん】
重回帰で3要因とかやっているけれど,手続き自体はとてもシンプルなので卒論実験向き.日本だったら集団同一視が強かったら(排除を恐れる結果)公的懸念は低くなるとか,文化差もありそう.集団同一視がもたらす集団思考について論じているけれど,そもそも集団思考が生じてしまう場面って,この研究で扱われたある意味ささいな問題とは比較にならないくらい大きな問題であることが多いはず.

【寺島さん】
人種が絡んだ研究って,わりと予想通りな結果で,しかも解決策を示唆するものでもなく,みんなで気を付けましょうねと言ってどうにかなるわけでもないものが多い印象.当人たちが気づいていない潜在的な心理要因を検討した,という流れにしたら価値は十分あるけれど.ちなみに著者は黒人女性.

【末吉】
今回はポジティブな未来思考が遅延価値割引を低減させるという結果だったけれど,ネガティブな未来思考も同様になるのでは.朝まだ寝ていたい→でも電車内で座れなくなるし学部生にもまれながら歩かなきゃいけなくなる→起きよう.ポジネガ要因を入れてみてもよさそう.ちなみに実験では,実際にミートボール等を食べさせて摂取カロリーを従属変数にしていた.

【村山さん】
他者の評判を気にした結果の誤反応として協力行動(実験では独裁者ゲームを使用)が出てくるので,目に慣れてしまえば誤反応もなくなるので協力行動も消失する,ということ.このあたりのメカニズムがきちんとまとめられているので卒論の序論とかで使えるかもしれない.

【三浦先生】
実験を10もしている.1~9は参加者属性とか実験場所とか個人差とかこまごま検討していて,ニュースメディアで話題になったのは実験10.電気ショックというネガティブな刺激への希求を扱った.電気ショック楽しい!から刺激を受けに行くのではなく,それをちゃんと「避けたいもの」だと評価したうえで,「じっと考える」よりは電気ショックを望んで受けていたというのが面白い.

Comments