9/30

2014/09/30 0:32 に Megumi Tabuchi が投稿

【中村さん】

Matsumoto, D. Olide, A., & Willingham, B (2009). Is There an Ingroup Advantage in Recognizing Spontaneously Expressed Emotions? Journal of Nonverbal Behavior, 33, 181–191. DOI 10.1007/s10919-009-0068-z

ヘッドライン:自発的な表情刺激を用いた場合,情動認知における内集団優位性がでませんでした。

【田渕】

Haans, A., Bruijn, R., IJsselsteijn, W. A. (2014). A Virtual Midas Touch? Touch, Compliance, and Confederate Bias in Mediated Communication. Journal of Nonverbal Behavior 38:301–311. DOI 10.1007/s10919-014-0184-2

ヘッドライン:「ミダスタッチ」効果にはさくらが影響することが分かったので,間接的な振動刺激を接触研究でうまく使っていくことが大事。

【村山さん】

Jiang, Y., Chen, Z., & Wyer, R. S. (2014). Impact of money on emotionalexpression. Journal of Experimental Social Psychology, 55, 228–233. doi:10.1016/j.jesp.2014.07.013 ヘッドライン:お金プライミングをうけると公の場で感情を強く表出することを避けたり、そういう人にネガティブな印象を抱く。

 

*コメント

【中村さん】

なるべく自然な感情表出場面の刺激を使って,内集団の方が害集団よりも感情表出を正確に認識できるという内集団優位性を示そうとした研究。結果は真逆で,外集団の表情の方がより正確に把握できているという結果に。実験刺激がHappinessに偏っていたりGoldメダルを取った割合が日本人の方が多かったり,統制のとれていない部分が多々あるので,この結果だけで内集団優位性が無しとしてしまうのはいかがなものか,という議論に。

【田渕】

ミダスタッチの効果が振動刺激でも出るかどうかを調べた実験。…なのですが,結局,援助行動が出るか否かはさくらさん次第,という結果に。接触研究において,さくらの効果が出ないようなセッティングで,間接的な振動刺激を用いるというのは確かに面白い試みだとは思いますが,この研究結果のみではいかんともし難いかと。

【村山さん】

お金プライミングを受けたらクールになるので,人前で感情表出するのを避けるようになる,という研究。6つも実験をやっていて,しかもすべてにおいてしっかりお金プライミングが効いているので驚きでした。お金を考えたら感情にクールになる,というのが不思議なところ。お金が絡むと逆に感情的になる場合も多々あるので(宝くじ当たったうはは!みたいな),比較的金銭をクールに扱った刺激を用いたのではないか,というお話に。

Comments