8/21

2014/08/19 17:06 に Asako Miura が投稿   [ 2014/08/20 23:33 に更新しました ]
今週したこと
オンラインモニタ質調査:論文執筆中+本調査実施中(26日納品予定)
『選挙研究』寄稿論文:加筆修正中(土曜日完成予定)
HI学会誌論文:共著者の修正稿にコメント→査読2回目
ドロンボー科研:日心大会ポスター完成
プロ野球ファン調査:統計連合大会スライド完成
大学生リスク調査シンポ:日心大会スライド完成
実験再現可能性シンポ:日心大会スライド完成
心理学教育シンポ:日心大会スライド作成中(10%)
戦略の研究計画をでっt,いえ,策定完了

来週すること
阪大統計集中.月木は行くけど,火水は不定
お前は楠見科研論文を忘れたのか!

今後の予定
再来週の9/1,4は両日ともリサミとします.その次は9/18までゼミが開催できないためです.

>村山さん
JCCPアクセプトおめでとう ・:*:・゜☆ ネ兄 月劵 禾り ,。・:*・・゜☆
Web実験についてはもはや「楽しみだね」と言える気持ちを失っているのですが,でも,取ったデータは大事にしましょう…
研修はグループワークを入れると面白いし,「わかった」気にさせられるし,何より講師がしんどくないよ.例の犯罪捜査のやつとかね.と思ったけど弁護士のひとたちだからディテールにうるさそうだね.シンプルにデザート/ムーンサバイバルでもいいかも.

>田渕さん
今日からいよいよ実験ですね.うまくいきますように.
シナリオ実験用の刺激作成方法,私も心当たりに聞いてみています.

>寺島君
超スローボールもダルビッシュが投げれば「すごい工夫」で,東海大四のピッチャーが投げたら「高校生らしくない」みたいな?
そういう認知的評価が,あるリーダーがどのように選ばれたかによって異なるということ?
Hollandarの研究を読んでいないのでわからないですが,Hollandarがidiosyncrasy credit獲得の手がかりを「リーダーの集団に対する貢献」に求めていて,寺島君は「リーダーの選出方法」に求めている(リーダーの集団に対する貢献は一定にする),ということで差別化できないのですか? なぜ,あるいは何を「idiosyncrasy credit」と差別化しなければならないのかがよくわかりませんでした.
何にせよ,短時間+テンポラルな集団によるゲーム実験ではよほどインパクトのある操作,あるいはパフォーマンス評価に関する教示を入れるなどしなければ出にくいだろうな,という印象をもちました.

>中村さん
グルダイパワポについてはざっとコメントしたとおりです.考察が物足りないのはデータの性質上いたしかたないので,時系列分析についてフロアに質問を投げかけるスタイルで行きましょう.
修論計画については,内集団バイアスに限らず,欧米研究は「人種」が非常に重要かつ顕著性の高いファクターなので,それが多いのは致し方ありません.ですからそれ以外のものを探すのはとても難しいので,人種を別の(日本で使える)識別子に読み替えても耐えうるような研究であれば,参考になると思います.
Comments