調査回答者は手抜きします.そのことはちゃんと検出して矯正すべきです.

2014/06/23 15:40 に Asako Miura が投稿   [ 2015/03/29 2:49 に更新しました ]

2014年度に読んだ論文:ベスト2

Oppenheimer, D. M., Meyvis, T., & Davidenko, N. (2009). Instructional manipulation checks: Detecting satisficing to increase statistical power. Journal of Experimental Social Psychology, 45(4), 867-872.

参加者というやつは,常に勤勉というわけではなく,実験者がそうであってほしいと思うように教示を読んだりそれに従ったりしてくれないこともある.参加者が教示に従うことに失敗するとき,データのノイズは増え,妥当性は低下する.本研究は教示に従わない参加者を検出する新しいツールIMCを提案し,その妥当性を検証する.IMCを含めることがいかに検定力とデータセットの信頼性を高めうるかを示す.
Comments