高齢者との接触を想像しただけで加齢に対する不安が下がり,それにより加齢への期待が増す.ただし男性に限る.

2015/03/26 22:10 に Asako Miura が投稿
Prior, K., & Sargent-Cox, K. A. (2014). Students' expectations of ageing: An evaluation of the impact of imaginedintergenerational contact and the mediating role of ageing anxiety. Journal of Experimental Social Psychology, 55, 99-104.

高齢者に対するポジティブな態度や加齢過程への期待は健康的な加齢に対する重要な動機とみなされてきた.本研究では,高齢者への態度を変容させるために使われていた方法を用いて,高齢者への接触を想像することが加齢への期待と加齢不安に及ぼす影響を検討した.201名の学部生が3つの条件:(1)75歳男性との接触を想像,(2)75歳女性との接触を想像,(3)統制群(楽しいアウトドアシーンを想像),のいずれかにランダムに割り当てられた.男性参加者では,介入直後も4週間後のフォローアップの両方において,高齢者男女との接触を想像することが統制群よりも加齢への期待をよりポジティブなものにしていた.女性ではこうした結果は見られなかった.男性参加者の場合は,世代間接触を想像することと加齢への期待の関係が加齢に対する不安によって媒介されており,世代間接触の想像が加齢に対する不安を低減させることで有意にポジティブな期待をもつようになっていた.女性参加者ではこうした間接効果は見られなかった.総じて,直接接触が難しい場合は接触を想像することも結構使えるよ,と言える.
Comments