moved‎ > ‎研究室NOW‎ > ‎

成果発表

2014/05/12 16:09 に Asako Miura が投稿   [ 2014/07/06 15:54 に更新しました ]
以下の2つの成果発表をおこないました.

三浦麻子・鳥海不二夫・小森政嗣・松村真宏・平石界 (2014). ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例 人工知能学会全国大会2014 (2014.5.12-15 ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館))

The goal of this study is to describe characteristics of human informational behavior in a time of disaster. We made an exploratory log analysis of social media (Twitter) focusing on the relationship between diffusion of disaster information and user's emotional response on them. Disaster-related tweets which were retweeted over 10 times around the time of the Great East Japan Earthquake were extracted and emotional words in them were categorized and counted. Frequently retweeted tweets tended to include more negative or active emotional words than positive or inactive words. These kinds of words in tweets had a significant effect on the increase of retweeting. At the same time, most of these results which were based on manually categorization of relatively small data were rarely different from those based on automatic categorization of large-scale data.
※この研究の一部は,JSPS科研費25285181JSPS科研費25245064の助成を受けて実施されました.

三浦麻子・楠見孝 (2014). 批判的思考態度・リスクに対する態度と投票行動:2012年衆議院選挙と2013年参議院選挙のSwing vote分析 日本選挙学会2014年度総会・研究会 (2014.5.17-18 早稲田大学早稲田キャンパス)

本研究の目的は,選挙における投票を,高度な意思決定過程を伴う社会的選択行動であるととらえ,それらと個人的態度の関連について,2つの観点から検討することである.まず,ある市民の投票の有無や投票に際する熟慮,また正確な投票行動(Correct voting)あるいはその自己認知と批判的思考態度の関連を,政治意識や他の心理社会的要因をふまえて検討した.また,ある有権者が選挙のたびに投票政党を変えるSwing voterであるかどうかとリスクに対する態度や批判的思考態度との関連について,かれらの投票先の記憶と実際が一致するかどうかにもとづいて主体的Swing voterを同定し,その特徴を描き出すことによって検討した.利用したのは,東日本大震災の被災県・首都圏・京阪神の有権者を対象とした2波(2012年12月衆院選直後・2013年7月参院選直後)にわたるパネル調査データである.分析の結果,Correct voting認知に対する批判的思考態度の正の影響や主体的Swing voterにおけるリスク回避傾向の低さなど,投票行動やそれに関する認知と個人的態度の関わりの一端が明らかとなった.
※この研究は,本研究はJSPS科研費23243071の助成を受けて実施されました.
Comments